江戸川区 買取 不動産

江戸川区で高く不動産を売却してくれる業者を探す方法

江戸川区 不動産 査定

江戸川区 不動産 売る

江戸川区 不動産 売却

江戸川区 不動産 見積もり

江戸川区 不動産 売買

 

 

江戸川区の不動産会社を検索すると、約580件ほどヒットします。
この中から自分の不動産を高く売却してくれる業者を探し出すのはかなり大変な作業です。

 

いくつか業者を絞り込んだとしても、どうやって1社を選び出せばいいのでしょう?

 

不動産売買はいろいろな法律があり、手続きも煩雑なので、素人ではわからないことが多いです。
大事な財産を預けるパートナーとなるわけですから、善良な不動産業者でなければなりません。

 

しかし悪徳な不動産業者も多いと言われる業界の中から、優良で善良な不動産屋を見つけるのも判断が難しいですね。
そこで第三者の目を利用してみませんか?

 

優良でありさらに、不動産を高く売却してくれる不動産会社を探す方法が不動産一括査定です。

 

お持ちの不動産の情報を一度入力するだけで、その不動産の査定価格を複数の優良不動産会社から取る事ができます。
一括査定には、お客様からの評判の悪い業者はどんどん排除されていくシステムがあるので安心なのです。

 

さらに複数の会社から査定してもらうことで、その不動産の相場や最高値が分かります。

 

まずは60秒査定で不動産の価値をチェックしてみませんか?

 

江戸川区 不動産 売却

 

 

土地家屋調査士とその仕事

 

江戸川区 不動産 土地家屋鑑定士

 

不動産売買を通して関係してくる人には、土地家屋鑑定士・司法書士・宅建士などがいます。

 

土地家屋調査士は不動産の表示に関する登記の専門家であり、独占業務として認められるものです。

 

主な仕事の内容は、依頼を受けて不動産の表題登記を行うために必要な測量をした後、図面を書き、登記申請書を書いて登記手続きを行うことです。

 

土地家屋調査士とは、土地家屋調査士法に基づく国家資格で、合格率は例年3〜7%の非常に取得が難しい資格となっています。
土地家屋調査士のバッジは、五三の桐の中央に「測」の文字があります。

 

土地家屋調査士になるためには、1:土地家屋調査士試験に合格するか、2:法務省の職員として登記事務に関わった経験を基に法務大臣の認定を受ける必要があります。
さらに土地家屋調査士として仕事をするためには、「土地家屋調査士会」へ入会して日本土地家屋調査士会連合会に備える土地家屋調査士名簿に登録を受けなければなりません。

 

不動産(土地や建物)の面積や形状、所在や状況などの状態をあらわすための「表題登記」をするため、対象物件の調査や測量に出かけます。
土地の境界杭の位置の確認や、面積の測量、境界杭を定める交渉なども行います。

 

これら測量したものをきちんと図面化し、登記申請書とともに法務局に提出することによって不動産の表題登記を申請することができます。

 

 

宅地建物取引士(宅建士)とその仕事

 

宅建士

 

宅建士とは「宅地建物取引士」の略称で、国土交通省が創設した宅地建物取引業法に基づく国家資格です。合格率は例年15〜17%となっています。
宅建士のバッジは土地を模した四角形色はシルバー、日本の国花である菊をモチーフにしており、中に全宅連のシンボルであるハトマークが施されています。

 

宅建士になるには宅建試験に合格する必要があります。
さらに宅建士になるには試験開催地の都道府県に登録手続きを行い、知事から取引士証の交付を受ける必要があります。

 

宅建士は、宅地建物取引業者いわゆる不動産会社で土地や建物の売買・賃貸物件のあっせんなどの業務を行っています。
土地や建物の売買は高額なので、専門知識や売買の経験のないお客様が多額の不利益を被らないように重要事項を説明して売買を円滑にするのが仕事です。
重要事項の説明ができるのは、宅建士だけなのです。

 

 

司法書士とその仕事

 

司法書士

 

司法書士の主な仕事は、登記及び供託の代理、裁判所や検察庁や法務局等に提出する書類の作成と提出などです。

 

司法書士は司法書士法に基づく国家資格で、合格率は例年2〜3%という難しい資格です。
司法書士のバッジは「五三桐花」です。

 

司法書士になるためには、司法書士試験に合格するか、法務省の職員としてその職務に従事した期間が通算して10年以上になる者又はこれと同等以上の法律に関する知識及び実務の経験を有する者で、法務大臣に司法書士の業務を行うのに必要な知識及び能力を有すると認められる必要があります。

 

司法書士として仕事をするには、日本司法書士会連合会の司法書士名簿に登録を受けなければなりません。

 

そして平成14年には、さらに上の認定司法書士が誕生しました。

 

認定司法書士は司法書士の仕事に加えて、簡易裁判所にて取り扱うことができる140万円までの民事訴訟、訴え提起前の和解、支払督促、証拠保全、民事保全、民事調停、少額訴訟債権執行、裁判外の和解、仲裁、筆界特定についても代理することができます。

 

この認定司法書士になるには、日本司法書士会連合会が実施する特別研修を修了して法務大臣に認定される必要があります。

 

どの資格も難しい事がわかりますね。

 

 

一般媒介契約とは?

 

一般媒介契約

 

不動産を売りに出す場合、複数の宅建業者に依頼することを一般媒介契約と言います。
1社だけに依頼する専任媒介契約の逆になります。

 

不動産の売却を依頼した依頼主は、複数の業者に依頼することで販売の窓口が拡がるというメリットがあります。
最初は専任媒介契約でやってみたけどなかなか成果が上がらないので、やっぱり複数の業者に依頼して多くの人に知ってもらおうというものです。

 

専任媒介契約は独占的にその不動産の媒介をできますが、一般はそうでないため業者間で物件を共有しています。
なんだか窓口が多いほうがいいような気もしますが、もちろんデメリットもあります。

 

デメリットは専任媒介契約の時ほど宅建業者のやる気がでないということです。
自分のところ以外で扱っていない不動産は、大事に扱われます。

 

しかし一般媒介契約では自分が営業している最中に別の業者に取られるということもあるため、広告費をかけてまでは活動しにくいのです。

 

複数の業者で扱われることで多くの人の目につきやすく、依頼主と物件を探している人にとってはメリットもあります。